So-net無料ブログ作成

生活物価IN上海 [上海生活]

あくまでもオイラの生活環境においての物価って話になります。
なんせ、行動範囲が異常に狭いですから^^;
加えて、日本と違って、貧富の差が著しい
ちなみに、この会社においても中国人の給料は
作業者と一番給料の多いスタッフの格差は15倍程度ある。
ここは、いわゆる中小企業だから、大企業においてはもっと差がある。
日本の中小企業でも、正社員であれば、年収200万以下って話はまずない。
その15倍である3000万円年収の中小企業雇われ者は
皆無といっていいと思う。
したがって、収入レベルにおいて生活環境も、日本の1億中流家庭(もう古いか?)
とは変わってくる。デパートから。。。露天市場。。。
ちなみに、上海のデパートでポロシャツを購入すると
3,000円~10,000円程度のものが多い。日本と同じじゃんって感じ
でもスーパーに行けば、500円程度のものが並ぶ
市場みたいな場所なら。。。100円でも存在する。
まあ、そんな感じで、ピンきりって世の中となっている。
最近では、日本でも中国製で格安の服を売る店も存在するので
それらと比べると、衣料品における物価差はあまり感じないというのが
正直な感想となる。
ちなみに、日本に居る子供たちは、部屋着は500円以下のものばかり
出かけるときは、GAPとかブランドに多少こだわっているみたい。
オイラの奥さんは、プチ見栄っ張りでケチケチおばばと言うことになる。

前置きが長くなってしまった^^;
先に述べた行動範囲が狭いって話で。。。
結局、外食・スーパーでの食材日常品の買い物・コンビニ・タクシー
ゴルフ代とクラブの飲み代
これだけがいわゆる生活費&娯楽費となっている。
中国物価という観点に立てば、ゴルフ代とクラブの飲み代は
日本人向け(外人向け)価格となるから生活費のみとなると。。。
インフラ費用が会社負担の現状においては、外食回数を減らせば2~3万円あればよい。
外食も、日本人向けの店に行けば、1500円~2000円が相場で
ラーメンでも、焼肉でも、お好み焼きでも居酒屋でも
ビール飲んでつまんでってやってると殆ど変わらない。
但し、旨いものが食いたければ。。。高くなる。(あたりまえか^^;)

最近の定番は、ケンタッキーフライドチキン2個(1個7元=約90円)と
力波(上海で作っているビール)の350ml缶(1本2元=約25円)を
3本飲んで、その後におにぎり&味噌汁(自作)。
300円コースとなる。
1ヶ月1万円生活って番組があったが、電気代を気にして生活すれば
決して無理な話ではない。
まあ、作業者の給料が1万円って話だから当たり前といえばそこまでです。

ちなみに、上海におけるインターネット接続は
DSL480kbps(遅~い)常時接続で130元(1700円弱)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0